定住者の在留資格 ビザ

定住者の在留資格 ビザとは

定住者の在留資格(ビザ)とは、法務大臣が特別な理由を考慮し、一定の在留期間を指定して日本で生活することが認められた者です。

この定住者の在留資格には、法務省の告示で公表されている定住者に該当する外国人と、告示されていない定住者の外国人が存在するのですが、告示されている外国人は日本に呼び寄せることができるのに対して、告示されていない外国人は直接定住者の在留資格で日本に上陸することはできず、その他の在留資格で来日した後に定住者の在留資格に変更することになります。

告示されている外国人には「日系人」「外国人配偶者の連れ子」「永住者の子ども」などであり、告示されていない外国人は「日本人と離婚した外国人」「日本人の子どもを扶養している外国人」などが該当します。

告示されている定住者とは

告示されている定住者の外国人に該当する主な説明は以下のようになっています。

1号:ミャンマー難民

3号:日系2世で素行が善良があること

4号:日系3世で素行が善良であること

5号イ:日本人の子として出生した者で「日本人の配偶者等」の在留資格をもって在留する者の配偶者

5号ロ:在留期間が一年以上を指定された日系2・3世以外の定住者の外国人配偶者

5号ハ:在留期間が一年以上を指定された日系2・3世の定住者の外国人配偶者で素行が善良であること

6号イ:日本人、又は永住者のビザで、未成年で未婚、扶養を受けて生活している実子

6号ロ:在留期間が一年以上を指定された日系関係以外の定住者で、未成年で未婚、扶養を受けて生活している実子

6号ハ:実親が日系2世、3世又はその配偶者で在留期間が一年以上を指定された定住者で、未成年で未婚、扶養を受けて生活している実子で素行が善良であること

6号二:日本人、永住者のビザ、特別永住者又は一年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者で、日本人の配偶者等又は永住者の配偶者等の在留資格をもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子

7号:6歳未満の養子で、養親が日本人、永住者又は定住者である場合の養子

8号:中国残留孤児とその関係者

告示されていない定住者とは

告示されていない定住者の外国人に該当する主な説明は以下のようになっています。

◆日本人又は永住者等と離婚してしまい離婚後も引き続き日本での在留を希望する場合

◆日本人との間に生まれた子供を日本で監護・養育する場合

◆日本人に認知された子どもを日本で監護・養育する場合

◆外国で出生した永住者の子ども。(日本で出生していれば「永住者の配偶者等」のビザとなります。)

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする