永住者の在留資格 ビザ

永住者の在留資格 ビザとは

永住者の在留資格(ビザ)とは、日本で永住権を取得して一生日本で生活しようと思っている外国人のための在留資格です。

この在留資格は日本で生活するうえでとてもメリットがたくさんあるので、永住者の要件を満たすようであれば、永住者の在留資格を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、永住者に似たものとして特別永住者がありますが、こちらは「第二次世界大戦の修了以前から日本に在留している在日韓国人・朝鮮人・台湾人及びその子孫を保護する目的から入管特例法で規定されている資格」です。

永住者の在留資格 ビザのメリット

  1. 日本人と同じように仕事に就くことができる
  2. 在留期間が無期限になるので在留資格の更新がなくなる
  3. 社会的信用があるので、住宅ローンや融資などが受けられやすくなる
  4. 日本人と離婚しても引き続き日本に滞在できる
  5. 会社を退職しても引き続き日本に滞在できる
  6. 退去強制に該当しても在留特別許可が求められる

永住者の在留資格 ビザの要件とは

永住者の在留資格は、一定の要件を満たしている日本で生活をしている外国人が対象となっています。

そのため、外国から呼び寄せてる外国人が永住者の在留資格で来日することはあり得ません。

要件は以下のようになっています。

① 素行が善良であること

  • 法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること

② 独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

  • 日常生活において公共の負担にならず、資産又は技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること

③ 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし、この期間のうち就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること。

④ 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。

⑤ 現に有している在留資格について最長の在留期間をもって在留していること。

  • 当面の間、在留期間「3年」を有する場合は「最長の在留期間をもって在留している」ものとして取り扱われます。

⑥ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと

以上が要件となりますが、一定の者はこの要件が緩和されています。

◆日本人、永住者又は特別永住者の配偶者又は子である場合には、①及び②に適合する必要はありません。

◆難民の認定を受けている者の場合には②に適合する必要はありません。

◆③の要件が適合する必要がない者

  • 日本人配偶者、永住者の配偶者、特別永住者の配偶者の場合、実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上日本に在留していること。
  • 実子等の場合は1年以上日本に継続して日本に在留していること
  • 定住者の在留資格で5年以上継続して日本に在留していること
  • 難民の認定後5年以上継続して日本に在留していること
  • 一定の我が国への貢献があると認められる者で5年以上日本に在留していること
スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする