親と日本で生活するためのビザ

親と手をつなぐ先日、「親と一緒に生活できるという話を聞いたので相談したいのですが」と、お電話がありました。

たまにこのような内容のご相談がありますが、いろいろな種類があるビザのなかで、外国人が「親と一緒に日本で生活したい」という理由で取得できるビザはありません。

しかし、「親と生活しなければならない何かしらの理由がある」という場合には、取得できるビザがないわけではありません。

特定活動のビザです。

特定活動のビザを取得して日本で生活する

親が特定活動のビザを取得しようとする場合、「高度専門職のビザを取得した外国人が一定の理由で取得する特定活動のビザ」と「日本に住んでいる外国人が、親といっしょに日本で生活しなければならない理由があるため取得する特定活動のビザ」があります。

日本に住んでいる外国人が、親といっしょに日本で生活しなければならない理由があるため取得する特定活動のビザ

この場合に取得する特定活動のビザは老親ビザとも呼ばれており、多くの外国人は高度専門職のビザを取得しているわけではないので、親と日本で生活したいと考えている外国人はこちらを検討することになります。

まずは以下を確認してみてください。

  • 親の年齢が70歳前後である
  • 親が日本で生活しなければならない理由がある
  • 日本で生活できるだけの収入や貯金が親を呼び寄せたい外国人家族にある

以上がすべてではないですが、これらを満たしている場合にはビザを取得できる可能性があります。

ちなみに、「親が日本で生活しなければならない理由」とは、例えば「子どもは日本にいる外国人しかおらず、誰かに面倒を見てもらわなければ生活できない病気がある」「子どもは複数人いるが、日本にいる子ども以外は面倒を見ることができず、本国では生活が困難な持病がある」などです。

高度専門職のビザを取得した外国人が一定の理由で取得する特定活動のビザ

高度専門職のビザを取得している家族が「高度外国人材又はその配偶者の7歳未満の子(養子を含みます。)を養育する」「高度外国人材の妊娠中の配偶者又は妊娠中の高度外国人材本人の介助等を行う」という場合、一定の要件を満たせば、親と一緒に日本で生活できます。

 

ただし、ずっと日本で生活できるわけではなく期限があります。

主な要件は以下のとおりです。

  • 親を呼び寄せたい外国人の世帯年収が800万円以上であること
  • 親が来日したあと同居すること