同性婚をしたら必ずビザを取得できるわけではありません

婚姻届まず初めに言うことは、同性婚ビザというビザはありません。

実際に取得するビザは「特定活動のビザ」となります。

さて、ビザのことですが、現状の日本のビザでは、同性婚をしたという理由で取得できるビザはありません。

そのため、特別な理由があるとして、特別に認める形で同性婚をした配偶者に特定活動のビザが与えられています。

日本国としては、世界が同性婚を認めてきているという背景や優秀な人材が「同性婚の配偶者が来日できないなら私は来日しない」とならないようにしたいのだと思います。

この同性婚ビザで注意が必要なのは、同性婚をしたらビザが取得できるわけではありません。

同性婚ビザを取得するためにはご夫婦両方の国で同性婚を成立している必要があります。

ざっくりというと「家族滞在のビザ」では同性婚を認めていないので、「特定活動のビザ」に当てはめているという感じです。

そのため、同性婚のビザを取得するための要件は、家族滞在のビザを取得するときの要件と似ています。

日本人と外国人が同性婚した場合

結論から言うと、先ほど述べたように、同性婚ビザを取得するためにはご夫婦両方の国で同性婚を成立している必要があるので、たとえ配偶者の国で同性婚が成立していたとしても、同性婚を認めていない現在の日本では婚姻が成立し得ないため、現状では同性婚ビザを取得して日本でいっしょに生活することはできません。

そのため、日本で生活したいと考えている場合、残念ながらその他のビザを検討することになります。