外国人配偶者は定住者のビザに変更できるかもしれません

外国人が日本人と結婚して日本で生活しようとする場合、一般的には日本人の配偶者等のビザ(在留資格)という、配偶者ビザとも呼ばれているビザを取得して日本で生活します。

しかし、日本人配偶者と離婚してしまうと、配偶者ビザの要件を満たさなくなるので、次回のビザの更新では不許可となります。

そのため、このまま日本で生活したいという場合には、その他のビザに変更する必要があります。

ビザは全部で27種類ありますが、その中で「日本人配偶者と離婚したけど、このまま日本で生活したい」という理由で取得できるビザは告示外の定住者ビザしかありません。

定住者ビザの主な要件とは

日本人配偶者と離婚したからといって、それを以て定住者ビザを取得できるわけではありません。

当然のことながら定住者ビザを取得するには入国管理局で審査が行われ、その審査を通過した外国人のみ定住者ビザを取得できるのです。

では、審査を通過するための基準とはどのようなものでしょうか。

主な要件として、「日本で生活していける資産や技能を有していること」は重要な要素となります。つまり「日本で生活していけるだけの収入や貯金はあるのか?」ということです。

そもそも生活していけるお金がないのであれば、日本にいてもどうすることもできないので、本国に帰るしかありません。

次に「離婚した日本人配偶者との間に子どもがいるか」です。

子どもがいて外国人配偶者に親権がある場合、子どものことが考慮されます。

子どもがいない場合でも定住者ビザが許可されることはあるので、必ずしも子どもがいなければ不許可になるわけではありません。

「もし、日本人配偶者と離婚しても日本で生活していきたい」という場合はご相談ください。