外国人の子どもと養子縁組

養子縁組をするとビザ(在留資格)が取得できると勘違いしている方がいます。

先日も「外国人の子どもと養子縁組したあとにどうやってビザを取ればいいですか?」というご相談がありました。

このときも説明したのですが、養子縁組をしたからと言って、ビザが取得できるわけではありません。

一定の要件を満たした場合でないとビザは取得できないのです。

養子縁組をしたら取得できるビザとは

日本人が外国人と養子縁組をしたという理由で取得できるビザは以下の2つです。

1、日本人の配偶者等のビザ。このビザを取得するための最低要件は「特別養子縁組をした」です。

ちなみに特別養子縁組とは、家庭裁判所で申立てをして行う養子縁組で「実親との血縁関係を断つ養子縁組」で、原則として養子にしたい子どもは6歳未満となります。

2、定住者のビザ。このビザを取得するための最低要件は「日本人に扶養を受けて生活する六歳未満の養子」です。

これ以外の場合で養子縁組をした場合、「養子縁組をして日本でいっしょに生活したいからビザが欲しい」と言っても、ビザは不許可になります。

養子縁組の要件を満たさない場合は他のビザを検討することになりますが、他のビザとしては、例えば「日本人の外国人配偶者が前婚のときに出生した子ども」なら定住者のビザが取得できる可能性があります。

最後に、たとえ養子縁組の要件を満たしたとしても、その他にもいろいろな要件があることにはご注意ください。