大学を卒業して技術・人文知識・国際業務の在留資格を取得できるとは限りません

技術・人文知識・国際業務の在留資格 ビザと大学

大学卒業と技術・人文知識・国際業務のビザ(在留資格)

技術・人文知識・国際業務のビザ(在留資格)には、いろいろな要件があるのですが、その中で、「大学を卒業している外国人は10年の実務経験という要件が不要」というものがあります。

10年の実務経験というのは簡単に取得できるものではなく、これが大学を卒業していれば不要となるのはかなり大きなことです。

ただし、勘違いしている人がいるのですが、大学を出ていたらどんな仕事先でも可能というわけではありません。

例えば、理系で大学を卒業している外国人が文系となる海外取引業務とか経理業務で就職するとなった場合、どう思いますか?

入国管理局の審査官に限らず、普通に考えて「仕事できるの?」と考えてしまいますよね。

つまり、大学で学んだことと就職先の業務は必ず一致している必要はありませんが、ある程度は一致していないとビザが不許可になることがあるということです。

雇用側からしてみれば、完全に一致しているほうが好ましいと思いますが、そんなことはそれほど多くはなく、入国管理局としてもそんなことは理解していることなので、これをもって技術・人文知識・国際業務のビザが不許可になることはありません。

では、例えば、理系の人が文系の翻訳業務で技術・人文知識・国際業務のビザが取得できないかというと、決してそうではありません。

翻訳業務ができることの裏付けとなる書類を作成したり収集したりすれば許可され得ます。

つまり、「関連していることを学校ではほとんど学んでいないが、実績があることを説明すれば許可される可能性がある」ということです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする