どのような理由で日本に滞在するかによって在留資格 ビザは変わります

来日が目的のビザ 在留資格の取得

たまに私は相談で、「日本で生活したいのですが何かビザはありませんか?」という相談を受けます。

結論からいうと、目的ありきでそこからビザ(在留資格)がないか検討することになるので、目的がわからないのに、ビザが欲しいと言われても困ってしまいます。

「日本で仕事がしたい」「日本人と結婚したからいっしょに生活したい」「家族を本国から呼びたい」など、目的があれば該当するものはないかと検討することはできるのです。

目的がなく漠然と「ビザが欲しい」と言われても、「それではビザは27種類あるので、自分に当てはまるビザを探してください」としか言えません。

そもそもビザは、何かしらの目的(滞在理由)に対して認められるものなので、日本で滞在したいというような漠然とした目的ではビザは取得できません。

「日本に滞在したいから」ではなく、「○○という理由で日本に滞在したい」という考え方に変えたほうがよいと思います。

以下は、大まかなビザの概要となるので興味がある人はご覧ください。

  • 外交   外交官など
  • 公用   日本政府が認めた外国人
  • 教授    大学などの教授
  • 芸術   収入を伴う音楽、美術、文化その他の芸術上の活動
  • 宗教   宗教家の宗教活動
  • 報道    外国の報道機関の記者、カメラマン等
  • 高度専門職   一定の高度な知識を有する専門家
  • 経営・管理    経営者など
  • 法律・会計業務   弁護士、会計士など
  • 医療   医師、歯科医師等
  • 研究   公私の機関で研究を行う研究者
  • 教育   小学校、中学校、高校学校等で語学教育等を行う先生
  • 技術・人文知識・国際業務     翻訳・通訳者、語学教師、エンジニア、業務管理者など
  • 企業内転勤    日本の会社に転勤する者
  • 興行    演劇、演芸、演奏、スポーツ等の興行に係る仕事
  • 技能   料理人、スポーツ指導者、ソムリエなど
  • 技能実習   「団体監理型」と「企業単独型」で特定の外国人を雇う
  • 文化活動   収入が伴わない学術、芸術、文化活動若しくは技芸について専門的な指導を受ける外国人
  • 短期滞在   観光訪問、親族訪問などで短期間、来日する外国人
  • 留学   大学、専修学校など教育を受ける外国人
  • 研修   公私の機関で技術、技能等の知識を取得する外国人
  • 家族滞在   一定の外国人の配偶者及び子ども
  • 特定活動   外交官等の家事使用人、ワーキングホリデー、アマチュアスポーツ選手など
  • 永住者   日本で永住権を取得した外国人
  • 日本人の配偶者等    日本人の配偶者や日本人の子として出生した者など
  • 永住者の配偶者等    永住者の配偶者や永住者の子として日本で出生し引続き日本で生活する者など
  • 定住者   日系3世、外国人配偶者の実子、日本人と離婚した外国人など
スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする