家族滞在のビザ 在留資格で離婚した後のビザ

離婚後のビザはどうするのか?

家族滞在のビザ(在留資格)で離婚してしまうと、当然のことながら次回のビザは不許可になります。

家族滞在のビザは「日本で一定のビザを取得して働いている外国人に扶養されている配偶者と子ども」が取得できるビザだからです。

離婚するとこれに該当しなくなります。

そのため、日本に滞在するためにはビザを検討しなければなりません。

しかし、「日本が好きだから」とか「日本は治安がいいから」などの漠然とした理由ではなく、何かしっかりとした目的がなければ日本にいる意味がありません。

ただ単に「日本にいたいから」という理由でビザは取得できるものではありませんし、そもそも、そのような理由なら本国に帰国したほうが本人のためになると思います。

どのようなビザが考えられるか?

ビザは27種類あるのですが、家族滞在からビザを変更する場合、該当するのはそれほど多くないと思います。

そのため、考えられるおおまかなビザは以下のようになるのではないでしょうか。

  1. 一定の外国人と結婚して現在持っている家族滞在のビザを更新する
  2. 日本人と結婚して日本人の配偶者等のビザに変更する
  3. 永住者と結婚して永住者の配偶者等のビザに変更する
  4. 日本の大学などに入学して留学のビザに変更する
  5. 翻訳、エンジニアなどの仕事をするため技術・人文知識・国際業務のビザに変更する
  6. 会社の社長になり経営・管理のビザに変更する

もう一度述べますが「目的」があって「ビザに該当するか」の順で検討してください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする