技術・人文知識・国際業務のビザ 在留資格の注意点

申請するときの注意点

技術・人文知識・国際業務のビザ(在留資格)に限ったことではないのですが、就労系のビザを持って日本で働いている外国人の中には、日本に来て働いたけど何かしらの理由により退職する場合があります。

そして、日本で自分にあった就職先を見つけて働いている外国人がいます。

ここで、まず注意点として「現在持っているビザの要件にあっているか?」という問題です。

例えば、「技術・人文知識・国際業務のビザを取得して翻訳の仕事をしていたけど、仕事を辞めてしまい、友人に誘われてコックさんの仕事をしている」というような場合、コックさんの仕事は技術・人文知識・国際業務のビザに該当しないので、仕事をしてはいけません。

これは違法なので、逮捕されて退去強制(強制送還)の対象となります。

次の注意点は、「申請書類」の問題です。

例えば、「技術・人文知識・国際業務のビザで来日して働いていたけど、退職して同じような就職先で働く場合」です。

このような場合、ビザが変更するわけではないので、申請自体は在留資格更新許可申請ですが、書類は在留資格変更許可申請と同じような書類となります。

なぜかというと、最初に与えられたビザは「最初に働いていた会社の状況などによって与えられたビザであり、転職先の会社の状況などによって与えられたビザではない」からです。

そのため、新たにビザを取得するというような内容になってしまうのです。

なお、「それでは、ビザを取得できるかできないかわからないので、外国人を雇用するのは心配だ」というような場合は、事前に転職先が在留資格の要件に該当するかどうか「就労資格証明書交付申請」を行い、事前に入国管理局で審査する方法があります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする