ペーパーカンパニーで経営・管理の在留資格 ビザの取得

在留資格取消事由

ペーパーカンパニーでは困難です

ビザ (在留資格)の中には「経営・管理」というビザがあります。

字のごとく経営や管理の業務を行うものを対象にしたビザですが、当然のことながら経営や管理を行う会社が必要となります。

ここで勘違いしている外国人もいるのですが、会社があればいいわけではありません。

この会社を運営していくために経営・管理のビザを取得するわけですから、入国管理局で申請するためには、新たに会社を設立して事業を開始するとき等は別ですが、原則として「決算書」は必要です。

ペーパーカンパニーでは、当然のことながらちゃんとした決算書はないので、入国管理局としては「会社として活動していない」と思うので、当然のことながら不許可となります。

これは、入国管理局に限らず、一般的な取り引きでも同じようなことになるのではないでしょうか。

ペーパーカンパニーから「うちの商品を買って」と言われても、普通の人は買わないですよね。

私は外国人から「経営者になりたい」とご相談されることがありますが、その中には、今回のお話のようなペーパーカンパニーのことがたまにあります。

これだけでも問題があるのに、ひどいときには「何を仕事をやりたいのですか?」と聞くと、「特に決めていない」とか「これから考える」とかいう外国人もいます。

これでは、入国管理局に限らず、私も「この人は日本に滞在できる手段を探しているだけ」と思わざるを得ません。

もし、本気で日本で経営者などになりたいと思うのであれば、最低限、普通に考えておかしなことは行わないようにすべきです。

私は、本気で「日本でがんばっていきたい」という人は全力で応援します。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする