短期滞在ビザ(在留資格)の変更

定住者の在留資格ご相談者からたまに、「短期滞在のビザから他のビザに変更したい」とご相談されることがあります。

特に短期滞在で来日して配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)に変更したい外国人が多いです。

この短期滞在のビザですが、一般的なビザと異なり「特別な理由」がなければ他のビザに変更できないとされています。

入管法20条3項には「短期滞在の在留資格をもつて在留する者の申請については、やむを得ない特別の事情に基づくものでなければ許可しないものとする。」と規定されています。

変更するには

さて、ビザを変更するためには、上記で述べたように「特別な理由」が必要になるのですが、では、ビザを変更するためにはどうすればよいのでしょうか?

〇日本人と結婚した場合

短期滞在ビザから配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)に変更したいのであれば、特別な理由に該当するとして、入国管理局では配慮してビザの変更を許可しています。

ただし、最近では入国管理局の窓口で「短期滞在ビザから配偶者ビザの変更は認めない可能性があるので、ご注意ください」と言われることがあります。

今後、もしかしたら認められなくなる日が来るのかもしれません。

〇日本で就職した場合

次に、日本の会社に就職したという場合ですが、この場合はいきなり変更はできません。

この場合は最初に「在留資格変更許可申請」ではなく、「在留資格認定証明書交付申請」を行うことになります。

日本に滞在している間に在留資格認定証明書交付申請が認められれば、在留資格認定証明書を添付した在留資格変更許可申請を入国管理局で行うことになります。

そうすれば短期滞在ビザから他のビザに変更できます。

残念ながら、日本に滞在中(短期滞在ビザの期間満了日まで)に在留資格認定証明書交付申請の結果がでない場合は、一度本国に帰国して結果を待つことになります。

認められれば(交付された場合)、日本大使館等に申請して日本に入国することになり、認められない場合(不交付となった場合)は入国管理局に不交付理由を聞きに行くことになります。