ビザ 在留資格のために偽装結婚させられたかも・・・

外国人に騙されたかも

偽装結婚というのは一般的な流れとして、「結婚して日本人の配偶者等の在留資格を取得→永住者の在留資格を取得→離婚」という流れになります。

ここ数週間の間で、「日本人配偶者は真剣な結婚だったけど、外国人配偶者は偽装結婚だったのではないか?」というご相談を2件ありました。

1件目は、永住者の在留資格を取得した途端、本国で結婚した外国人(本国では一夫多妻の国)で、離婚を迫ってくる外国人。

2件目は、永住者の在留資格を取得した途端、家に帰ってこなくなった妻です。

どちらも、最初から偽装結婚をして日本で働こうと思っていたわけではなく、結婚生活の過程で離婚したいけど今離婚すると困るから永住者の在留資格を取得するまで待っていたのかもしれません。

しかし、偽装結婚をする夫婦は「永住権を取ったらさようなら」のパターンが多いので、偽装結婚だった可能性は少なからずあると思います。

偽装結婚ではなく永住者の在留資格が目的でない場合、だいたい離婚して、定住者の在留資格を取得するのではないでしょうか。

今回もそうですが、「相手に仕返しをしたい」という理由で、「永住者の在留資格」や「日本人の配偶者等の在留資格」を取り消したいとご相談がありますが、私は在留資格を取り消すことを仕事の専門としていません。

偽装結婚は許せませんが、私は在留資格を取り消すことを仕事にしているわけではなく、在留資格を取得することを仕事にしている専門家です。

残念なことですが、結局は在留資格を取り消す権限がある「入国管理局に相談してください」と言うことしかできません。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする