日本人と結婚しても日本で生活できるとは限らない

外国人が日本人と結婚して日本で生活したい場合、多くの外国人は配偶者ビザ・結婚ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得して来日します。

しかし、勘違いしている方もいますが、日本人と結婚したら必ず配偶者ビザ・結婚ビザが取得できるわけではありません。

入国管理局としては、日本で生活する以上、日本で問題なく生活してもらわなければなりませんし、また、偽装結婚で来日しているようでは日本国の不利益になるため、そのようなことがないためにしっかりと審査することになります。

その結果、疑わしいところがあれば入国管理局は在留資格認定証明書を与えないので、外国人配偶者は配偶者ビザ 結婚ビザで日本に入国することはできません。

そうならないためには、「個々のご事情」をしっかりと把握して書類の作成と収集を行うことが必要になりますが、個々のご事情とは、大きく分けると「要件を満たしていないので不交付になった」と「入国管理局を納得させる書類が提出されなかったので不交付となった」の2つあります。

前者の場合は、そもそも要件を満たしていないので、要件を満たさない限りは永久に不交付になります。

しかし、後者の場合は、ちゃんと書類の作成と収集を行えば配偶者ビザ 結婚ビザが認められ在留資格認定証明書が交付されます。

配偶者ビザ 結婚ビザが取得して日本で生活できるかできないかは、家族の今後の人生を変えてしまう大きな問題です。

しっかりと準備して、配偶者ビザ・結婚ビザの在留資格認定証明書交付申請に挑んでください。