ビザ(在留資格)と養子縁組

外国人と養子縁組してもその子どもを日本に呼べるとは限りません

たまにご相談で、「妻の子どもを養子にして日本に呼び寄せたいから相談したい」とお電話を頂くことがあります。

妻である外国人配偶者が、現在の夫である日本人配偶者と結婚する前に外国人と結婚歴があり、その外国人との間に子どもがいるような場合です。

このような場合、お話をお聞きすると、多くの人は「外国人の子どもと養子縁組すれば日本で一緒に住める」と思っていますが、養子縁組をすると日本で一緒に生活できるとは限りません。

日本で生活するためにはビザ(在留資格)が必要ですが、養子縁組をして子どもを日本に呼び寄せるという理由では、その子どもが「6歳未満」でなければビザは認められません。

他にも要件はあるのですが、養子縁組をした理由で日本に呼び寄せるためには、まずはこの要件を満たしているかを検討することになります。

養子縁組をしたからといって日本に子どもを呼び寄せることができるわけではないのです。

外国人配偶者の子どもという理由で呼び寄せることを検討する

養子縁組をしたという理由で呼び寄せるには以上のような要件が必要ですが、外国人配偶者の子どもとして日本に呼び寄せることはできる可能性があります。

この方法では、とくに養子縁組が要件となっていないので、養子縁組をする必要はありません。

この方法の要件は「日本人の配偶者で、日本人の配偶者等の在留資格をもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子」となっています。

こちらだと要件は、妻が「日本人の外国人配偶者」「日本人の配偶者等のビザを持っている」で、妻の子どもは「扶養を受けている」「未成年」「結婚していない」「実子」です。

「子どもを日本に呼びたい」という理由であれば、養子縁組だけでなく、こちらも検討したほうがよいと思います。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする