高度専門職のビザとは

高度専門職という在留資格 ビザ

約1年前に高度専門職というビザ(在留資格)が創設されました。

この高度専門職のビザは大きく分けると、「高度専門職1号」と「高度専門職2号」の2つに分類されます。

ざっくりと言うと、最初は在留資格認定証明書交付申請、または、在留資格変更許可申請で高度専門職1号を取得することになります。

高度専門職2号とは、高度専門職1号のバージョンアップみたいなもので、高度専門職1号からの在留資格変更許可申請でしか取得できません。

高度専門職とは

先ほどから高度専門職という言葉が出てきていますが、そもそも「高度専門職」とはどのような職でしょうか?

これは以下の3種類に分類されており、いずれかの高度専門職に該当しなければ高度専門職のビザは取得できません。

高度学術研究活動「高度専門職1号(イ)」

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う研究、研究の指導又は教育をする活動

●高度専門・技術活動「高度専門職1号(ロ)」

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学又は人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動

●高度経営・管理活動「高度専門職1号(ハ)」

本邦の公私の機関において事業の経営を行い又は管理に従事する活動

高度専門職の主な優遇制度

  1. 複合的な在留活動が認められます。
  2. 5年の在留期間が与えられます(高度専門職2号の場合は在留期間が無期限となります)
  3. 一定の手続きが他の在留資格に比べると優先的に処理される。
  4. 配偶者が一定の在留資格と同様に働くことができます。
  5. 一定の要件を満たせば親も日本に連れてくることができる。
  6. 一定の家要件を満たせば事使用人にもビザが付与されます。
スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする