留学の在留資格でアルバイト

資格外活動と働ける時間

先月ですがこんなニュースがありました。

福岡県直方市の日本語学校「JAPAN国際教育学院」の経営者らが外国人留学生に不法就労をあっせんしていたとされる事件で、学校が3月末に閉校することが関係者への取材でわかった。幹部らの逮捕や県警による学校の資金の差し押さえなどで、運営が困難になったという。福岡入国管理局によると、刑事事件に絡んで日本語学校が閉校するのは異例。学生が留学を続けるためには転校の手続きが必要になる。同校をめぐっては、ベトナム人留学生4人に学校指定の職場で法定の週28時間を超える就労をさせたとして、会長の上野末次容疑者(57)ら幹部3人が今月23日、出入国管理法違反(資格外活動のあっせん)の疑いで県警に逮捕された。県警は留学生4人も同法違反(資格外活動)容疑で逮捕している。  『朝日新聞の一部抜粋』

留学の在留資格だけではアルバイトをして働くことができないのですが、資格外活動許可というものを取得すると週28時間までなら働くことができます。

ただし、スナックやパブなどの風俗関係のアルバイトをすることはできません。

現実問題として、両親からの仕送りや貯金ではお金が不足しているという理由で週28時間を超えて働いている外国人もいるそうですが、この留学生たちは今後のリスクをしっかりと把握しておらず安易に考えているのではないかと思うときがあります。

最悪のケースとして退去強制された後に一生日本に上陸できない可能性もあります。

留学生の外国人は、今後のことも考えて行動しないと、取り返しがつかない事態を招くかもしれません。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする