在留資格 ビザの変更したい場合はどうすればよいのか

在留資格を変更したい

現在持っている在留資格を変更したい場合、「在留資格変更許可申請」を住所地を管轄する入国管理局に申請しなければなりません。

変更する理由はそれぞれで、例えば「留学で日本に来ていたが、日本の会社の就職するから技術・人文知識・国際業務の在留資格に変更する」「日本にずっと住みたいから日本人の配偶者等の在留資格から永住者の在留資格に変更する」「留学で日本に来ていたけどん日本人と結婚したから日本人の配偶者等の在留資格に変更したい」などがあります。

申請に必要な書類ですが、これは在留資格ごとに異なっています。

そのため、はっきり「これは必要」という書類は、在留資格変更許可申請書のみとなります。

必要最低限の書類は、入国管理局でお聞きするか、法務省のホームページでご確認ください。

ところで、法務省のホームページや入国管理局でお聞きするのは、先ほども述べたように「必要最低限の書類」です。

そのため、この書類を出したからといって許可されるとは限らず、不許可になることもあります。

なぜならば、「この外国人に申請された在留資格を許可しても大丈夫だろう」と説明する責任は入国管理局ではなく申請人にあるためです。

勘違いしている人がいるのですが、わざわざ入国管理局が親切に申請人が許可されるためにいろいろと調べてくれるわけではありません。

入国管理局としては、説明責任がないですし、そんなことをしている暇はありません。

そのため、申請するためには十分に注意が必要です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする