結婚ビザ 配偶者ビザが不許可になった

結婚したら取得できるわけではありません

結婚ビザ 配偶者ビザである日本人の配偶者等の在留資格(ビザ)は、日本人と結婚したからといって必ずしも許可されるわけではありません。

実際に不許可となっている外国人は多数います。

不許可になる理由として、大きく分けると、「要件を満たしていない」「偽装結婚と疑われている」の2つが挙げられます。

「要件を満たしていない」とは、例えば、税金の滞納が多額であったり日本で生活していける収入や財産がないなどです。

しかし、必ず満たしていなければならないのかというと、そういうわけではなく、例えば、少額の滞納であれば許可されることもありますし、今は収入がなくても仕事先が確定していれば問題はありません。

「偽装結婚と疑われている」とは、例えば、付き合った期間が短かったり、結婚したのに別々に生活しているなどです。

このような場合は、「なぜそのような状況なのか」を入国管理局に説明して、添付できる書類は添付しなければなりません。

いろいろ書きましたが、とにかく不許可となってしまった場合、まずは原因は何かを知らなければ再申請ができませんので、入国管理局で「なぜ不許可になったのか」を知る必要があります。

そのときに、入国管理局の人が何を言っているか理解する必要があるので、あまり入管法に詳しくなかったり日本語がわからないときは、専門家に同行してもらったほうがよいと思います。

不許可理由は一度しか説明してくれないので、しっかりと聞く必要があります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする