配偶者ビザ 結婚ビザを取得するためなぜ偽装結婚をするのか

偽装結婚はなぜ必要?

偽装結婚という言葉をお聞きしたことはありますか?

偽装結婚とは、「結婚ビザ 配偶者ビザである日本人の配偶者等の在留資格を取得することを目的として形だけの婚姻をすること」です。

なぜこのようなことをするかというと結婚ビザ 配偶者ビザは就労制限がないためです。

就労系のビザでは働くことができる仕事が限定されており、雇ってもらえないことがあるためです。

たとえ雇ってもらえたとしても、その後に捕まってしまうこともあります。

しかし、結婚ビザ 配偶者ビザを持っていれば、このような心配がありません。

堂々と日本で仕事ができるのです。

要件も就労系の要件である、「学歴」「実務経験」「仕事先」などの要件がないので、就労系のビザより取得しやすいと思われます。

就労系のビザでは先ほど述べたように仕事が限定されたいるため、例えば、ホステス、事務員、レジ係など、その他単純労働等はできないのです。

しかし、結婚ビザ 配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格などの身分系のビザでは、働くことができます。

職業選択の自由があることはとても大きなメリットであり、特に厳しい要件はなく、日本人と結婚したら取得できる可能性がある結婚ビザ 配偶者ビザは、日本で働きたいと思っている外国人にとっては、とても魅力的なビザなのです。

そのため、偽装結婚という違法なことをしても「価値がある」と思っている人がいるのです。

しかし、偽装結婚である場合、退去強制されることになり、こうなると次回からは簡単に日本に上陸することができないことを理解しておくべきです。

当たり前のことですが、偽装結婚は違法なので絶対にやっていはいけません。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする