在留資格 ビザの更新は在留期間満了日前に必ず行ってください

更新しないとオーバーステイです

先日、在留期間が近づいていたので入国管理局で在留期間更新許可申請をしようと思っていた矢先、外国人配偶者が緊急入院してしまい在留期間満了日を過ぎてしまったということをお聞きしました。

このような場合、どのような理由にしろ、在留期間満了日を過ぎていることは事実なのでオーバーステイとなってしまい、在留特別許可を求めることになります。

こうなると一般的な申請ではなくなるので手続きが大変になります。

では、このような状況にならないためにはどうすればいいのでしょうか?

このような場合、たとえ必要書類が揃っていなくても、本人が申請できなくても、必ず入国管理局に相談して在留期間満了日前に在留期間更新許可申請を行ってください。

入国管理局としても、このように特別な事情がある場合は考慮してお話を聞いてくれます。

もう一度言いますが、もしこれを怠りオーバーステイとなってしまうと在留特別許可を求めることになり、手続きが複雑になり時間と手間が掛かります。

最悪の場合は不許可になることもあり、そうなると、外国人配偶者は帰国しなければなりません。

こうならないためにも、絶対に在留期間満了日前に更新の申請をするために、入国管理局や在留資格(ビザ)の専門家にご相談してください。

余談ですが、冒頭でお話しした方の外国人配偶者は一度本国に帰ってしまったそうで、これから在留資格認定証明書交付申請をするそうです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする