在留資格 ビザと同性愛者

同性婚のビザ

同性愛者の同性婚

少し前に同性愛者の話になりました。

異性の日本人と外国人との結婚なら結婚ビザ 配偶者ビザである日本人の配偶者等の在留資格(ビザ)に該当するので、結婚してもこれを取得すれば日本で生活することができます。

では、同性愛者の対応はどうなっていると思いますか?

これについて外国では認めている国はあるのですが、日本では在留資格として入管法には規定されていません。

しかし、無理なのかと思ってはいけません。

これについて国会議員が「特定活動」の在留資格で検討するということをブログで公表しました。

そして実際に入国管理局でも同性婚に対応すべく、人道上の配慮として「特定活動」の在留資格を認める方向で動いています。

まだ、許可された件数は多くはないのですが、実際に許可されていることは事実です。

しかし、在留資格の面では対応されていますが、日本の民法では同性婚は認めていません。

現実的にもまだまた同性愛は日本で賛成されているとは言えない状況です。

そんな中、渋谷区では「同性パートナーシップ条例」というものが制定されました。

これには区内の事業者に最大限配慮するよう定められており、住居の賃貸契約や病院での面会時に、戸籍上の家族ではないことを理由に断るなどした場合は、区が是正勧告をした上で事業者名などを公表できるとしています。

証明するものとしては、一定の要件を満たしてこれを申請すれば、パートナーシップ証明書が交付されます。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする