偽装結婚と在留資格 ビザ

なぜ偽装結婚をするのか

報道では、たびたび偽装結婚が取り上げられます。

なぜ偽装結婚なんかするかというと、配偶者ビザ(結婚ビザ)と呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を外国人が欲しいからです。

このビザの良いところは、「就労の制限がない」「他の在留資格に比べると申請人の要件が少ない」ということではないでしょうか。

配偶者ビザは身分系のビザなので、就労系のビザのように決まった仕事しかできないということがありません。

そして、配偶者ビザは、「実務経験が必要」「大学の学位が必要」といったような経験や知識は不要であり、要件は「婚姻していること」だけなので、他の在留資格より要件を満たしやすいです。

もっとも、要件ではないのですが、「日本で生活できる収入はあるのか」「犯罪歴はどうなっているのか」「税金はちゃんと納税しているのか」などは審査されます。

知識や経験などがない場合、外国人からしてみれば、日本に来て働くためには偽装結婚して配偶者ビザを取得するのがてっとりばやく、たとえ捕まっても退去強制されるだけなのであまりリスクとは思っていないのです。

リスクと思っていないうえに、発展途上国の外国人や生活が苦しい外国人には、日本で働けるのはとても魅力的な話なので、偽装結婚をするのだと思います。

現実問題として、アジアの国の方の何人かに国の実情をお聞きしてみると、「お金を稼ごうにも働くところがない」「給料が安すぎて貧乏」など、経済的に問題があることをお聞きします。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする