過去に退去強制されたことがあるけど在留資格が欲しい

オーバーステイで強制送還されていた

先日、オーバーステイにより退去強制されたことがある人とご結婚した日本人の方からご相談がありました。

「中国で結婚するときにわかったのですが、結婚相手が過去に強制送還されたことがわかりました。大丈夫でしょうか?」と。

入管法では、初めて退去強制された場合は退去強制された日から5年間、日本に上陸することはできないと規定されています。

2回目以上退去強制や出国命令制度を活用された場合(リピーター)は退去強制された日から10年間です。

ちなみに、売春関係や1年以上の禁錮等に処せられた者は、たとえ執行猶予がついたとしても原則として一生日本に上陸することはできません。

このような場合は、日本に上陸できない期間に配偶者を日本に呼び寄せることになるので、上陸特別許可を求めることになります。

今回のご相談者の配偶者の場合は、オーバーステイが過去に1度あるので5年間は日本に上陸できません。

しかし、幸いなことに、すでに入国拒否期間は経過していたので、上陸特別許可を求めず入国管理局に在留資格認定証明書交付申請を行いました。

提出書類については、過去に犯罪を犯していることは事実なので、一般的な書類以外にも書類を作成したり収集は致しました。

なお、たまにご相談で「退去強制されたことを隠したほうがいいですか?」と質問されますが、答えは「NO」です。

当たり前のことですが嘘は絶対にやめてください。

そんなことをしても自分で自分の首を絞めるようなものです。

入国管理局ではそんなことは調べればわかることなので、やらなければいけないことは、退去強制されたことがあるというマイナス面を書類の作成・収集によりカバーすることです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする