在留資格と難民認定制度の悪用

技能実習生から難民へ

つい最近、難民認定制度が悪用されていることが報道されました。

技能実習という在留資格で来日した後に失踪して、その後に入国管理局に難民認定をして働く人がいるのです。

なぜこのようなことが起こるかというと、外国人は「お金をたくさん稼ぎたい」からです。

技能実習制度はお金をもらうことはできますが、本来の目的は技能を習得して本国で役立てるための制度です。

しかし、外国人にしてみればそんなことが目的ではなく、お金を稼ぎたいから日本に来る人がとても多いです。

そこに、「もっと稼げる方法がある」と言われると、そちらになびいてしまうのです。

さらに、日本に夢を持って働きにきた外国人に待っているのは、「低賃金労働」「残業手当がない」など、過酷な労働という場合もあります。

これでは稼ぐことができないので、知り合いの情報で「難民認定をすると適法に働くことができる」と教えられると、実習先から失踪して難民認定をするのです。

今の難民認定制度では、入国管理局は書類が揃っていれば受理せざるを得ないという現状があり、申請すれば日本に滞在することができ、おまけに一定の外国人は申請してから6ヶ月が経過すれば日本で働くことができるのです。

難民認定制度では、難民の方の生活を考慮して働くことができるようになっていますが、これを逆手にとって悪用しているのです。

法務省もさすがにこれでは問題があるとして、対策を検討しているようです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする