コックさんの在留資格(ビザ)は何になるのか?

料理人(コック)の在留資格

町には中国料理、タイ料理、インド料理、フランス料理など、多種多様な料理屋があります。

そこには、その国の料理を作るために外国人が働いていることがあります。

私の住んでいる八王子市でもいろいろなお店があり、いろいろな国の外国人を見かけます。

この人たちは、コックとして働くために日本に来ている場合、「技能」という在留資格(ビザ)を取得して日本で生活している可能性があります。

技能の在留資格はその他にも「スポーツの指導」「ソムリエ」「動物の調教」など、いろいろな種類の仕事があるのですが、コックとしてこの在留資格(ビザ)を取得するための要件は以下のようになっています。

1、働こうと思っている料理の実務経験が10年以上必要(一定のタイ料理人は要件が異なります)
2、日本人の報酬と同等額以上の報酬を受けること

のいずれの要件も満たす必要があります。

この在留資格(ビザ)は、外国の食文化を日本人に知ってもらい、さらなる日本文化の発展を目的としているので日本料理はこの在留資格に該当しません。

日本料理は当然のことながら外国の文化ではないからです。

日本料理屋で働きたいのであれば、調理師学校と修業先の日本料理店が共同で実習計画を作成し、一定の要件を満たして日本の調理師学校を調理師免許を取得して卒業しなければなりません。

そうすれば日本料理を学ぶために日本料理屋で働くことができます。

なお、この場合の在留資格(ビザ)は「特定活動」になり、在留期間は2年間となります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする