外国人の在留資格 ビザについて話題になっていることやご相談されたことなどを書いているブログです

在留資格 ビザって何?

結論をざっくりと説明すると「ビザとは日本に入国するために必要であり、在留資格は入国した後に日本で滞在するために必要」ということです。

具体的には以下のようになります。

在留資格とは「外国人が日本に入国して在留するために従事することができる活動又は日本に入国して在留できる身分又は地位を分類したもの」です。

ビザとは査証のことであり、「外国人が持っている旅券(パスポート)が有効であるという確認と、ビザに記載された条件により日本に入国することに支障がないという在外公館からの推薦」のようなものです。

なお、本来は以上のように在留資格とビザは別物なのですが、日本では『在留資格=ビザ』と使用されていることが度々あるのでご注意ください。

在留資格の種類

在留資格って何?在留資格はさきほどのご説明の通り、いろいろな種類に分類されています。

ざっくりと説明すると、『外国人が日本に入国して在留するために従事することができる活動』には、「経営・管理」「技能」「技術・人文知識・国際業務」などの在留資格があり、『日本に入国して在留できる身分又は地位』では、「日本人の配偶者等」「永住者」「定住者」などの在留資格があります。

入国管理局で申請するためには、まずは、「外国人がどの在留資格に該当するのか」を確認しなければなりません。

在留資格の申請方法

この在留資格を取得する方法ですが、おおまかに分類すると「在留資格認定証明書交付申請」「在留資格変更許可申請」「在留期間更新許可申請」の3つがあります。

  • 在留資格認定証明書交付申請:外国にいる外国人を日本に呼び寄せたいときに申請する方法
  • 在留資格変更許可申請:日本で滞在している外国人が現在の在留資格から他の在留資格に変更するときに申請する方法
  • 在留期間更新許可申請:外国人が現在持っている在留資格の在留期間を更新するために申請する方法

在留資格の申請先は、申請人の居住予定地、受入れ機関の所在地、申請人の住所地などを管轄する入国管理局になります。

どのような申請方法でどのような在留資格が欲しいのかは、最初にしっかりとご確認ください。

当事務所では日本人の配偶者等の在留資格となる結婚ビザ 配偶者が比較的多く、もし、この在留資格でお困りのときは、結婚ビザ 配偶者ビザのご相談も併せてご覧ください。

ブログ

日本人の配偶者等の在留資格と別居事実

別居していると不許可になる可能性があります 日本人の配偶者等の在留資格を持っている外国人が何かしらの理由で別居することがあります。 ちなみに日本人の配偶者等の在留資格とは、よく「配偶者ビザ」とか「結婚ビザ」と呼ばれている …

同じ外国人と離婚して再婚してビザ 在留資格を取得

嘘の書類を入国管理局に提出することは違法です! 先日、ビザ(在留資格)でこんなご相談がありました。 「私は現在、永住者ビザを持っていますが、以前離婚した当初は技能ビザで離婚した妻は家族滞在ビザを持っていました。離婚した後 …

就労ビザってどんなビザ 在留資格?

日本で取得できる就労ビザって? 日本で滞在するためには、特別な地位などでない限り、よくビザと呼ばれている在留資格が必要です。 ちなみに、厳密に言えばビザとは査証のことであり、一般的に使用されているビザ=在留資格とは異なり …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 山本行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.